涙袋整形はお手軽ヒアルロン酸注入がオススメです

美容クリニックで涙袋をつくりたいけど、どこがおすすめかわからない・・・。

 

どうせなら、安くて腕のいい美容クリニックで涙袋形成を受けたいですよね?

 

 

そこで、この記事では池袋でおすすめの美容クリニックを5院紹介しています。

 

  • 池袋で涙袋形成がおすすめの美容クリニック5選
  • 涙袋整形の費用
  • ヒアルロン酸注入のメリット&デメリット

 

池袋で涙袋形成がおすすめの美容クリニック5選

湘南美容クリニック

池袋で涙袋形成がおすすめの美容クリニック|費用の目安なども紹介

 

有名な美容クリニックなので症例数が多く、その分だけ先生がたくさん経験を積んでいるのが安心ですね。

 

料金もとってもリーズナブルなので、涙袋の他にも気になる部分があるなら一緒に相談してもいいかもです。

 

池袋には東口と西口それぞれ出口すぐのところに院がありますので、お好きな方を選びましょう。

 

涙袋整形の料金(税込)
ヒアルロン酸注入

1t 38,470円〜
0.3cc 18,000円

 

湘南美容クリニック 池袋東口院の情報

東京都豊島区南池袋1丁目19-6 オリックス池袋ビル 2F
【電話番号】 0120-742-910
【アクセス】 JR池袋駅東口 徒歩1分
【診療時間】 10:00〜19:00

 

湘南美容クリニックの情報

東京都豊島区池袋2-6-1 KDX池袋ビル3F
【電話番号】 0120-548-963
【アクセス】 JR池袋駅西口 C6出口より 徒歩1分
【診療時間】 9:00〜18:00

 

 

 

 

 

 

品川スキンクリニック

池袋で涙袋形成がおすすめの美容クリニック|費用の目安なども紹介

 

品川スキンクリニックも料金が安いことで有名です。

 

大手で知名度もありますので、ヒアルロン酸を注入するだけとは言え、技術力が求められる涙袋形成においては安心なクリニックと言えますね。

 

 

品川スキンクリニックでは色んな種類のヒアルロン酸を取り扱っていますので、予算に合わせて品質の良いものから安いものまで選べます。

 

当日から入会できるBMC会員では表示料金からさらに20%OFFになる嬉しい特典もありますよ。

 

涙袋整形の料金(税別)
ヒアルロン酸注入 片側 41,660円〜

 

品川スキンクリニック 池袋院の情報

東京都豊島区南池袋1-25-11 第15野萩ビル9F
【電話番号】 0120-727-400
【アクセス】 JR池袋駅 「東口」徒歩約3分
【診療時間】 10:00〜20:00

 

 

 

 

 

 

ルーチェ東京美容クリニック

池袋で涙袋形成がおすすめの美容クリニック|費用の目安なども紹介

 

院長先生か専門のカウンセラーが丁寧にカウンセリングをして、さらに施術前にももう1回内容や術後のことについて詳しい説明をしてくれます。

 

地下道の出口からすぐなので、雨の日でも通院が便利です。

 

涙袋整形の料金(税別)
ヒアルロン酸注入 1回 35,000円

 

ルーチェ東京美容クリニックの情報

東京都豊島区西池袋3-26-5 ニューマツモトビル 8階
【電話番号】 0120-822-188
【アクセス】 池袋西口徒歩3分
【診療時間】 10:00〜19:00

 

 

 

 

 

 

ガーデンクリニック

池袋で涙袋形成がおすすめの美容クリニック|費用の目安なども紹介

 

ガーデンクリニックでは麻酔はテープを使っているので注射嫌いの方もたった1回我慢するだけで済みますよ。

 

池袋駅から地下道を通れば、雨の日でも通院しやすいですね。

 

涙袋整形の料金(税別)
ヒアルロン酸注入 100,000円

 

ガーデンクリニック 池袋院の情報

東京都豊島区南池袋 2-26-6 島倉ビル3・4F
【電話番号】 0800-813-9290
【アクセス】 池袋駅東口徒歩3分
【診療時間】 10:00〜19:00

 

 

 

 

 

 

城本クリニック

池袋で涙袋形成がおすすめの美容クリニック|費用の目安なども紹介

 

他のクリニックではヒアルロン酸1本1ccから料金設定をしていることが大半ですが、城本クリニックでは0.1ccから購入できるので無駄がありません。

 

その分、割高にはなりますが控えめな注入で様子を見たい方には最適と言えますね。

 

涙袋整形の料金(税別)
ヒアルロン酸注入 0.1cc 12,000円

 

城本クリニック 東京池袋院の情報

東京都豊島区南池袋2-27-5 共和ビル5F
【電話番号】 0120-107-929
【アクセス】 池袋駅東口より徒歩3分
【診療時間】 10:00〜19:00

 

 

【涙袋整形】ヒアルロン酸注入の特徴


出典:東京イセアクリニック

 

涙袋の整形法は色々ありますが、ヒアルロン酸注入がオススメな理由はメリットの多さです。

 

時間がかからない

ヒアルロン酸注入にかかる時間は5〜10分です。

 

痛みが少ない

注射針を刺す時の痛みは少しありますが、それ以上の痛みはありません。

 

 

注射の痛みが心配なら、麻酔を用意してくれているクリニックにかかるといいでしょう。


 

ダウンタイムがいらない

ヒアルロン酸注入を受けた日も、メイクや入浴など普段通りの生活ができます。

 

当日は少しむくんだようになりますが、半日から1日で落ち着くので大丈夫です。

 

微調整・修正ができる

ヒアルロン酸を少量ずつ注入することで、涙袋の大きさや形を微調整できます。

 

もし万が一、涙袋が大きすぎたという時は、ヒアルロン酸溶解注射というもので元に戻すことが可能です。

 

 

しかし、入れ過ぎたヒアルロン酸を溶かしてやり直すのは時間も費用も掛かってしまいます。


 

最初は少な目にしておいて、足りないと思ったら増やすのがオススメです。

 

 

患者さん本人に希望を聞きながら、ヒアルロン酸を注入してくれるクリニックもあります。


ヒアルロン酸注入で涙袋整形をする時の注意点

内出血ができる

目の周りは血管がたくさんあるため、他に比べて内出血を起こしやすい場所です。

 

内出血は1〜2週間くらいで自然に治癒します。

 

マイクロカニューレという注射針を使うことで内出血のリスクを減らせます。

 

 

時間が経つとヒアルロン酸はなくなる

ヒアルロン酸は体内で分解され、吸収されます。

 

ヒアルロン酸の効果は約3〜6ヵ月くらいで、同じ状態をキープするには再注入が必要です。

 

ただし、涙袋に入れたヒアルロン酸は他の部位に比べ長持ちするので、1年以上持つ場合もあります。

 

 

アレルギーが起きる

ヒアルロン酸はアレルギーを起こしにくい成分として重宝されています。

 

しかし、クリニックによっては通常のものより長持ちするヒアルロン酸として、他の成分を混ぜたものを使っていることがあります。

 

この他の成分が混ざっているヒアルロン酸は、アレルギーを起こすリスクが高いんです。

 

 

混ぜ物がされたヒアルロン酸は、ヒアルロン酸溶解注射で溶かすことができないので、修正も難しくなります。


 

 

涙袋と目袋の違い

 

涙袋の下の膨らみは「目袋」と呼ばれるもので、脂肪で出来たたるみです。

 

この目袋が目立つ人は、涙袋にヒアルロン酸注入してしまうと、合体して大きなたるみになってしまいます。

 

 

涙袋を作るなら、目袋(たるみ)を解消する施術を受けるなどしましょう。


ヒアルロン酸注入以外の涙袋整形

脂肪注入

自分の体(太ももなど)から採取した脂肪を、涙袋に注入する方法です。

 

メリット

  • 注入した脂肪の約半分が涙袋として定着するため、1回の注入で済む

 

デメリット

  • 脂肪を採取ため体への負担が大きい
  • 脂肪を採取する費用と注入する費用が必要なので高額になる
  • どれだけの脂肪が涙袋として残るのか予測が難しく、微調整ができない
  • もし注入した脂肪を取り除くことになった場合は切開するしかない

 

 

外科手術

下まぶたの皮膚を切開し、筋肉を引っ張って涙袋を強調する手術です。

 

メリット

  • 1回手術するだけで永久的な効果がある

 

デメリット

  • 技術のいる手術なので、執刀できる医師が少ない
  • 縫合・抜糸の必要があるのでダウンタイムが長く、通院しないといけない
  • やり直しができない

TOPへ